048-728-8550

〒362-0812
埼玉県北足立郡伊奈町内宿台3-40

診療予約システム

診療案内|糖尿病,内科,小児科の事なら北足立郡伊奈町の金崎内科医院へ

診療案内

なっとう通信
Mobile Site
トップページ»  診療案内

かぜ症候群

かぜの診療

かぜはウイルスまたは、細菌の一過性の感染症です。
自然に治る場合が多いですが、体力が低下している場合や、小児、高齢者で思わぬ合併症から、長引いてしまうこともあります。また、一時的とは言え、例えば、高熱や強い咳、鼻水、吐き気や下痢など不快な症状が強くなってしまうこともしばしばです。
自覚症状が強くてつらい場合や長引いたときなどは受診されることをお勧めします。
インフルエンザや小児の溶連菌感染などは簡易検査キットで当院でも診断可能です。検査を希望される場合は遠慮なくお申し出ください。
また、例えば、咳で長引いたときの胸部レントゲン撮影や、体力低下を自覚したときの補液(点滴)、さらなる検査としての血液検査なども、ご希望がありましたら、ご相談ください。
もちろん、上記のような検査や処置が必要と考えられるようなときは、こちらからお話いたします。

以下のような場合には、ご来院いただいた後、当方で隔離スペースなどに誘導させていただくことがあります。

  • インフルエンザが疑われる場合
  • 小児で水ぼうそうやおたふくが疑われる場合
  • 強い咳がみられる場合
  • 嘔吐がみられる場合
  • そのほか高熱がみられる場合 etc.

上記のような場合は受付にお申し出ください。ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

小児科

伊奈町北部は小さなお子様をもつ世帯が増えており、当院にも小児が多数受診されています。おかげさまで小児の診療経験を多数積ませていただきました。今後も小児の診療で皆さまのお役に立てれば、と考えております。

待合室には多数の絵本をそろえておりますし、診察中にも少しでもお子様が不安にならないように努めたいと考えております(お子様を正確に診察するには、なるべく泣かれない方がいいので、こちらも必死です!)

診察の際には以下のような質問をさせていただくことが多いです。
あらかじめ情報を整理していただくととてもありがたいです。

  • いつから症状があるのか
  • 兄弟や家族でも、体調を悪くしている人がいなかったか
  • 現在の体重(不明の場合はその場で測定しますので大丈夫です)
  • 生後、入院や手術を受けるなどの大きな病気にかからなかったか
  • 突発性発疹にすでにかかったか(特に乳児の発熱のとき)
  • シロップのくすりと細粒(ドライシロップ)のくすりのどちらを希望するか(くすりによってはご希望に沿えないこともあります)
  • ひきつけを起こしたことがあるのか。一番最近のひきつけはいつか
  • どこの保育園や幼稚園に通っているか(各施設の流行状況を参考にすることがあります)
  • 咳や鼻水がひどくて眠れないことがあるか
  • 食事(哺乳)はどの程度とれているか

・・・・・・などです。

高血圧

高血圧は放置しておくと、動脈硬化を促進し、脳卒中や心臓疾患などのリスクとなります。日ごろの血圧のコントロールが大切です。残念ながら、降圧剤の内服が治療の主体となってしまいますが、塩分摂取の管理やストレスの回避などで、血圧が下がる場合もあります。

高血圧は体質や生活習慣がその背景となり、はっきりした原因がない場合がほとんどです。しかし稀に内分泌の異常や腎臓の異常が原因となっている場合もあります。もし、そのような疾患が疑われる場合には詳しい検査が必要です。

高脂血症

血液中のコレステロールまたは中性脂肪の値が高いことを高脂血症といいます。とくにLDL-コレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれ、値が高い場合には動脈硬化が進展しやすくなります。喫煙習慣や糖尿病、肥満、高血圧も併せて指摘されている場合にはお薬により日頃からの治療が必要です。また、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患にかかったことがある人もお薬によるコレステロール値のコントロールが必要です。

最近では善玉コレステロールであるHDL-コレステロールの値が低い場合も動脈硬化のリスクが高いといわれています。
高LDL、高中性脂肪に低HDL血症を加えて「脂質異常症」ともよびます。

運動やある程度の食事療法でも改善が期待できます。

pagetop